家がお城!お城暮らしにまつわるオモシロ話

家がお城!お城暮らしにまつわるオモシロ話 おもしろい
おもしろい

こんにちは、鈴木です。
今回は、お城暮らしにまつわるオモシロ話をテーマにした記事を書いてみました。
それでは、さっそく見ていきましょう!

ハイクレア城に暮らす第8代カナーヴォン伯爵家の人びと

まず最初にご紹介するのは、イギリスのハイクレア城に暮らす第8代カナーヴォン伯爵家の人びとです。
ハイクレア城といえば、大人気ドラマ「ダウントン・アビー」の舞台として有名ですよね。
実は、このドラマはカナーヴォン伯爵家の歴史をもとに作られたものなんです。
また、ハイクレア城は農場や庭園も兼ねており、地域社会や環境に貢献しています。
私は、このドラマのファンなので、一度はハイクレア城を見学してみたいものです。

カステロ・サンナザーロ城に住むTikToker

次にご紹介するのは、イタリアのカステロ・サンナザーロ城に住むTikTokerです。
彼女の名前はルドヴィカ・サンナザーロさんで、このお城は彼女の家族が所有しています。
ルドヴィカさんは、TikTokでお城暮らしの様子を動画で配信しています。
彼女の動画は、お城の内装や庭園、ペットや家族などを紹介したもので、とても美しくて見ごたえがあります。
ルドヴィカさんは、TikTokを開設したことにより、自分の家族の歴史がどれほど素晴らしく、重要であるかを知ったそうです。

お城に住むために必要なこと

さて、ここまでお城に住む人たちを紹介してきましたが、皆さんはお城に住みたいと思いますか?
もし、お城に住みたいと思ったら、どうすればいいのでしょうか?実は、お城に住むためには、いくつかの条件が必要です。
それは何かというと、

  • お金
  • 時間
  • 愛情


まず、お金ですが、これは言うまでもありませんね。
お城を購入するには、数億円から数十億円かかります。
また、お城を維持するにも、税金や光熱費、修繕費などがかかります。
お城は大きくて古いものが多いので、これらの費用はかなり高額になります。
したがって、お城に住むには、相当な資金力が必要です。

次に、時間ですが、これも重要です。
お城に住むということは、お城を管理するということでもあります。
お城は単なる建物ではなく、歴史や文化を持ったものです。
そのため、お城を守るためには、その歴史や文化を学んだり、修復や保全に関わったりする必要があります。
また、お城は一般公開したり、イベントや映画の撮影などに協力したりすることもあります。
これらのことをするには、時間的な余裕が必要です。

最後に、愛情ですが、これが一番大切だと思います。
お城に住むということは、お城を愛するということでもあります。
お城は自分の家だけでなく、世界の遺産でもあります。
そのため、お城を大切にするだけでなく、多くの人にお城の魅力や価値を伝えることも重要です。
また、お城は地域社会や環境とも密接に関わっています。
そのため、地域社会や環境への貢献も忘れてはいけません。
これらのことをするには、お城への愛情が必要です。

まとめ

今回は、「家がお城!お城暮らしにまつわるオモシロ話」をテーマにした記事を書いてみました。
お城に人びとは、それぞれ違う方法でお城暮らしを楽しみながらも、お城を守ることに情熱を持っています。

この記事を書いた人
面白い家探偵団
鈴木 正則

大手資材メーカーの建築資材販売業務で年の2/3は国内外を飛び回っていますww
業務上、国内外の住宅メーカーと取引があり、仕事で見聞きした面白い家や、
デザイン、そして変わった生活に関する情報をプロの視点で紹介します。

-----------------------■ プロフィール ■-----------------------
某大手資材メーカー兵庫支店 建築資材販売部で課長頑張ってます
保有資格:二級建築士・資材管理士
受賞:海外事業支援功労賞・社内イノベーション最優秀賞
趣味:海外旅行・ツーリング・ボクシング
好きな言葉:夢なんて見るもんじゃない語るもんじゃない
      叶えるものだから by 安室 奈美恵
----------------------------------------------------------------

鈴木 正則をフォローする
シェアする
かえるばしょ
タイトルとURLをコピーしました