キャンピングカーで駐車場に住む暮らし

キャンピングカーで駐車場に住む暮らし 車に住む

本ページはプロモーションが含まれています

住宅の代わりにキャンピングカーで生活をする人が増えていると聞きます。

キャンピングカーがあれば、駐車場での寝泊まりも可能なので、賃貸を借りるよりも便利な場合もあるかもしれません。

今回はキャンピングカーでの車中泊に興味はあるけれど、下記のような

・そもそも駐車場に住めるのか?
・お風呂やトイレはどうするのか?
・住所や税金や郵便など困らないのか?
・済むなら都会と田舎どちらがよい?

といった疑問や不安をお持ちの方へ、キャンピングカーでの暮らしについてご紹介します!

甲子園口の新築戸建てをお探しの方も、キャンピングカー生活での生活に興味がある方も、ぜひご覧ください。

広告

甲子園口駅周辺で新築戸建てをお探しなら株式会社アクロスコーポレイションをご利用ください!

キャンピングカーで駐車場に住むことはできる?

キャンピングカーを駐車場に常駐させて、そこを拠点に会社に通うという生活スタイルを選択する方もいらっしゃいます。

ただし、駐車場は住居として認められていないので、住民登録をするためには駐車場以外の住所が必要です。

親戚や友人の家に同居人として登録するなどの方法が考えられます。

また、日本国民として住民税を納める義務がありますので、その年の1月1日時点で住所を置いている市町村に対して支払わなければなりません。

郵便物などは郵便局留めというサービスを利用することで、指定した郵便局で受け取ることが可能です。

日本は治安が良い国と言われていますが、車中泊の際には危険な事態に巻き込まれる可能性もあります。

特に女性一人や子供が同伴する場合などは、万が一のために注意を払う必要があります。

車内が外から見えないようにカーテンなどで遮る、車載カメラなどで防犯対策をするなどの工夫をしましょう。

これらの条件を満たすことで、キャンピングカーで駐車場に住むことは可能です。

お風呂やトイレはどうすればよい?

キャンピングカーの中には、シャワーやトイレが備えられている大型のものもありますが、その場合は水の確保や排水・汚水の処理という課題がありますし、大きな車体を停められる駐車場を見つけるのも大変です。

お風呂については、日本でキャンピングカー生活をするなら、銭湯や温泉といった施設が多くあるので、そちらを利用するという方法があります。

ただし、その分費用がかかりますので、予算に余裕がある場合に限ります。

駐車場に停めて長期間暮らすという場合は、トレーニングジムに入会するという手もあります。

そうすれば、運動をしながら、お風呂やシャワーを自由に使えるようになります。

これはコスパが良いかもしれません。

トイレに関しては、コンビニやスーパーで買い物をするついでに使わせてもらったり、道の駅や高速道路のサービスエリアなどの公共施設を利用するというのが一般的なようです。

ネット環境はあるの?

ネット環境はあるの?

インターネットに接続するためには、格安で速度制限なしのモバイルルーターを契約する方法や、携帯電話のテザリング機能を利用する方法があります。

電源に関しては、キャンピングカーのサブバッテリーやソーラーパネルを取り付けることで確保できます。

車のエンジンをかける必要がなくても電源を使用できるので、駐車場に常駐していてもインターネットを使用することが可能です。

このようにして、一定の場所に拘束されることなくどこでもネット環境を利用することができますね。

都会と田舎の生活比較!

キャンピングカーで暮らす場合、都会と田舎ではどちらが住みやすいのでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

都会での生活

まず、都会でキャンピングカーを使って暮らすことは、かなりの挑戦だと考えましょう。

その理由は、大型の車両を停めることができるスペースが都会ではなかなか見つからないからです。

だからといって普通車と同じサイズのキャンピングカーにすると、生活スペースが狭くなって快適さが失われます。

狭い空間でもストレスを感じない人ならば、都会でも問題ないでしょう。

キャンピングカーを自分の家だと思って、仕事には公共交通機関を利用して通い、ジムで入浴や運動をし、レストランや居酒屋、コンビニ、レジャー施設など都会に豊富にあるものを利用すれば、駐車場さえ確保できれば、都会の方が便利な生活ができると言えます。

田舎での生活

道の駅やキャンプ場などが比較的多く存在するので、キャンピングカーを停める場所は田舎の方が見つけやすいです。

しかし、普段の生活に必要な施設は都会に比べて少なくなります。

サバイバルスキルがある人や、都会の生活にこだわらない人ならば、インターネット環境を整えれば、自宅で仕事をするのと同じように仕事ができますし、田舎の自然を楽しみながらキャンピングカーで暮らすことも可能です。

キャンピングカーに住む場合の住民票はどうなる?

日本国内では、キャンピングカーを住所として住民票を取得することは認められていません。

実家がある場合は、そこに住民票登録をしておくのが一番簡単な方法です。

あるいは、親戚や友達に協力してもらうのも良いでしょう。

その場合は、特に追加の費用はかかりません。

郵便物は郵便局留め受け取りサービスを利用すれば、受け取ることができます。

周囲に頼れる人がいない場合は、安価な物件を購入したり、アパートを借りたりして住民票を置く方法が一般的です。

住民票を置く住所として必要な条件は「人が住める場所」であることです。

住民票を置ける格安ホテルも存在しますが、アパート借りるのと同じぐらいの料金が必要です。

最近では、低価格で住所を持つことができる「ポケットレジデンス」というサービスも注目されています。

郵便受けや住居として利用することができ、利用料金は月額1万円(税別)です。

キャンピングカーで生活したい人におすすめのサービスです。

キャンピングカーの駐車場は自宅だけ?ほかの方法は?

キャンピングカーの駐車場について、多くの方が悩んでいると思います。

その原因は、車庫証明が必要な地域がほとんどだからです。

しかも、使用の本拠(自宅など)から半径2km以内に駐車スペースを確保しなければならないという規定があります。

自宅の敷地内に駐車できる余裕があれば、コストもかからず、収納スペースとしても活用できます。

自宅の近くに契約駐車場やがあるなら、そこを利用するのも一つの方法です。

さらに、専用駐車場を契約すると、キャンピングカーのメンテナンスサービスも受けられる場合があり、安全に駐車できます。

普段の駐車場では、キャンピングカーに対して盗難やいたずらから守るための対策を行いましょう。

駐車場を契約する際は、セキュリティがしっかりしている駐車場を選び、人目の少ないところや暗いところには駐車しないように注意しましょう。

キャンピングカー生活をやめた理由は?

キャンピングカーでの暮らしは、多くの人が憧れるものですが、始めた後にやめてしまう人も少なくありません。

どうしてキャンピングカーでの暮らしをやめるのでしょうか?

調査の結果、以下のような理由がありました。

  • 仕事と旅行の両立が難しかった
  • 運転に自信がなかった
  • 自分には合わないと感じた
  • キャンピングカーのスペースが狭くて窮屈だった
  • 燃料代が高くて負担になった

お金の問題や性格の問題、運転の問題など、キャンピングカーでの暮らしをやめる理由は人それぞれでした。

キャンピングカーでの暮らしを始めると、食事やお金の管理、一日のスケジュールなど、生活習慣が大きく変わります。

また、駐車場や生活費、電気、インターネット、気候など様々な課題にも直面しなければなりません。

キャンピングカーでの暮らしは、1~2ヶ月ほど試してみると、そのメリットとデメリットがわかると言われています。

キャンピングカーでの暮らしに興味がある方は、本格的に始める前に、レンタルして短期間で体験してみることをおすすめします。

車上生活の法的な問題点と対処法

車に住むこと自体は、法律で禁止されているわけではありません。

ただし、車に住むことで住民票の届出や駐車場の確保など、様々な問題が発生する可能性があります。

住民票をどこにも届け出ない場合、住民基本台帳法に違反することになります。

また、キャンピングカーなどの大型車は、合法的に駐車できるスペースが限られていることも問題です。

さらに、キャンピングカーで生活する場合、アイドリングストップ条例や生活排水・廃棄物の不法投棄など、知らないうちに法令を破ってしまう恐れもあります。

ですから、車上生活をする場合は、これらの法的な制約を守る必要があります。

それでも、制約をクリアして快適に車上生活を楽しめるのであれば、違法性はありません。

車上生活には多くの課題がありますが、一つずつ解決していけば素敵な生活ができるでしょう。

ハイエースをキャンピングカーに改造して住むこともできる?

キャンピングカーは快適な車中泊生活を送るための専用車両ですが、購入するには中古車でも高額な初期費用(200万円以上)が必要です。

そこで、ハイエースという商用車を自分でキャンピングカー風に改造して、車上生活を始める人もいます。

ハイエースは比較的安価で入手できる車体であり、自分でDIYで改造することが可能です。

ハイエースの車体費用とDIY費用(約20万円)を合わせても、キャンピングカーの初期費用よりはるかに安く済みます。

このように、ハイエースをキャンピングカー風にすることで、初期費用を大幅に節約できるメリットがあります。

しかし、ハイエースをキャンピングカーとして使うためには、必要な設備を自分で取り付ける必要があります。

まず、寝床となるベッドやマットレスを設置する必要があります。

次に、車内で生活するために必要な電気を確保するために、ソーラーパネルやバッテリーなどの電源装置を取り付ける必要があります。

さらに、日常生活で使う物品や衣服などを収納するために、棚や引き出し、クローゼットなどの収納スペースを作る必要があります。

キャンピングカー生活に興味がある方や、DIYが得意で楽しめる方は、自分の好みやニーズに合わせてカスタマイズできるハイエースのDIYキャンピングカーがおすすめです。

一方、キャンピングカーは元々快適な車中泊生活のために作られた車両なので、設備や機能性はハイエースよりも高いレベルです。

安全性や耐久性も考慮されています。

したがって、設備や機能性にこだわりたい方や、DIYが苦手な方は、キャンピングカーの購入を検討すると良いでしょう。

キャンピングカーで生活してる間の住所は?

キャンピングカー生活では、決まった住所を持ちません。

しかし日本に住む日本人は、どこかに住所を登録して住民票を取り、住民税を納める必要があります。

先述した通り、キャンピングカーを住所とすることはできないので、親族や友人にお願いして、同居者として登録してもらう方法が一般的です。

身近に頼める人がいない場合は、土地を買って家を建てたり、マンションを借りて住所を取得する方法もあります。

キャンピングカーでの長期生活を考えている方には、「ポケットレジデンス」というサービスもおすすめです。

世田谷区に住所があるのですが、申込みから契約・利用開始までを全てオンラインで完結できる便利なサービスです。

キャンピングカー生活よりも賃貸アパートのほうが経済的!

駐車場を確保してキャンピングカー生活で生活するのと、賃貸アパートで暮らすのとではどちらがお得なのでしょうか?

キャンピングカーの一般的な寿命である「15年間」にかかる費用を細かく検討して比較してみます。
※車両の燃費は統一

「キャンピングカー生活」
車両代金800万円のキャンピングカーを購入、家を持たず、レンタル倉庫に日用品を保管、駐車場を借りる場合

  • 車両代 8,000,000円
  • ガソリン代(燃費8km/L、130円/L、月に1,000㎞走行)16,250円×12か月×15年
    = 925,000円
  • 駐車場代 1万円×12か月×15年 = 1,800,000円
  • レンタルルーム 8,000円(東京の2畳以上の相場)×12か月×15年 = 1,440,000円
  • 保険代+税金 15万円×15年 = 2,250,000円
  • 整備費+車検の積み立て金 15万円×15年 = 2,250,000円
  • 銭湯代 480円×30日×12か月×15年 = 2,592,000円
  • コインランドリー週1回 相場900円×4回×12か月×15年 = 648,000円

合計額: 車両の寿命の15年間で19,905,000円

「賃貸アパート生活(自家用車所有)」
自家用車を持っており、賃貸で生活、駐車場を借りる場合

  • 賃料(敷金・礼金)+家賃ひと月9万円×12か月×15年+2年に1度の更新料(ひと月分)15年分
    = 17,145,000円
  • 車両代金(小型乗用車排気量1.5以下) = 2,000,000円
  • ガソリン代(燃費8km/L、130円/L、月に1,000㎞走行)16,250円×12か月×15年
    = 925,000円
  • 駐車場代 1万円×12か月×15年 = 1,800,000円
  • 保険代+税金 15万円×15年 = 2,250,000円
  • 車検(3年に一度)の積立金 5万円×15年 = 750,000円

合計額: 車両の寿命の15年間で24,870,000円

「乗用車をもたない賃貸生活」
(敷金・礼金)+家賃ひと月9万円×12か月×15年+2年に一度の更新料(ひと月分)15年分
= 17,145,000円

合計: 車両寿命と同じ15年間の場合17,145,000円

住民税、年金、健康保険料などは、キャンピングカー生活でも賃貸アパート同様支払う必要があります。

キャンピングカー生活が15年で19,905,000円、自家用車を持たない賃貸アパート生活が17,145,000円

キャンピングカー生活は自炊も簡単なものしかできないことが多く、外食や買い弁などの生活費としての費用がかさむ傾向があるため、15年間賃貸アパートに住んだ方がおそらくキャンピングカー生活よりもお得であると予想されます。

まとめ

家代わりにキャンピングカーで生活をするために考えなければならない、費用、住所、税金、郵便、お風呂やトイレ、都会か田舎どちらに住むかなどの疑問は解決できたでしょうか?

キャンピングカーは駐車場に停めて車中泊をすることができるので簡易的な寝処として活用することもできますが、賃貸と比べて不便な点もありどちらも一長一短ということがご理解いただけたと思います。

計算結果を元にお得感から考えると、賃貸アパートに住んだ方がキャンピングカーに住むよりもお得かもしれません。

しかしキャンピングカーを所有していなければどこかに出かける場合、自家用車を所有すればその代金、旅館に泊まる費用が別にかかることになります。

気ままに場所にしばられず、自由に移動ができる家を持つことに憧れる方、一度キャンピングカ―生活を検討してみてはいかがでしょうか?

帰る場所、落ち着ける場所は人それぞれ。

広告

甲子園口駅周辺で新築戸建てをお探しなら株式会社アクロスコーポレイションをご利用ください!
タイトルとURLをコピーしました