キャンピングカーにシャワーは必要なのか

キャンピングカーのシャワー 車に住む
車に住む

こんにちは、鈴木です。
今回はキャンピングカーのシャワーについてお話ししたいと思います。

キャンピングカーでのシャワーは、家でのシャワーとはいくつかの点で異なります。
キャンピングカーのシャワーには、水圧やスペース、使い方などの問題点がありますが、それらを理解した上で使用すれば、快適にシャワーを浴びることができます。

この記事では、キャンピングカーのシャワーのメリット・デメリット、注意点について説明します。

キャンピングカーのシャワーのメリット

キャンピングカーのシャワーのメリットは、主に以下の3つです。

いつでもどこでもシャワーを浴びることができる

キャンピングカーで旅行するときには、公共の施設やキャンプ場などでシャワーを浴びる機会が限られます。
しかし、キャンピングカーにシャワーがあれば、自分の好きなタイミングでシャワーを浴びることができます。
これは、旅行中の疲れや汗を洗い流すだけでなく、気分もリフレッシュする効果があります。

外部の汚れや菌を持ち込まなくて済む

また、キャンピングカー内でシャワーを浴びることで、外部の汚れや菌を持ち込まないというメリットもあります。
キャンピングカーは、自分の家のように快適に過ごしたい場所です。
そのため、外部の施設やキャンプ場でシャワーを浴びた後に、キャンピングカー内に入るときには、靴や服などに付着した汚れや菌を気にする必要があります。
しかし、キャンピングカー内でシャワーを浴びれば、その心配はありません。
キャンピングカー内は常に清潔に保つことができます。

水道代や入浴料を節約できる

さらに、キャンピングカー内でシャワーを浴びることで、水道代や入浴料を節約できるというメリットもあります。
外部の施設やキャンプ場でシャワーを浴びる場合には、水道代や入浴料がかかります。
これは、長期間の旅行ではかなりの費用になります。
しかし、キャンピングカー内でシャワーを浴びれば、その費用はかかりません。
キャンピングカーには水タンクがありますが、それは自分で補給することができます。
また、ソーラーパネルなどを利用すれば、電気代も節約できます。
これらの方法で、キャンピングカー内でシャワーを浴びることは経済的にも有利です。

キャンピングカーのシャワーのデメリット

キャンピングカーのシャワーのメリットについて説明しましたが、もちろんデメリットもあります。
キャンピングカーのシャワーのデメリットは、主に以下の3つです。

水圧が弱いという現実

キャンピングカーのシャワーの水圧は、家のシャワーに比べて弱いです。
これは、キャンピングカーには限られた水量のタンクしか搭載できないからです。
水量が少ないと、水圧も低くなります。
そのため、キャンピングカーのシャワーでは、快適なシャワータイムを楽しむことは難しいでしょう。
水を節約しながら、短時間で済ませることが必要です。

スペースが狭いという制約

キャンピングカーのシャワーのスペースは、家のシャワーに比べて狭いです。
これは、キャンピングカーはコンパクトに設計されており、多くの機能を備えているからです。
そのため、シャワールームのスペースは限られており、動きにくいこともあります。
窮屈な空間で、身体を洗うことはストレスになるかもしれません。

使い方が複雑という難点

キャンピングカーのシャワーの使い方は、家のシャワーとは異なります。
これは、キャンピングカーのシャワーは、特殊な仕組みで動作しているからです。
そのため、初めて使う場合は、操作方法や注意点をしっかり把握しておく必要があります。
説明書を読んだり、事前に試したりすることがおすすめです。

キャンピングカーのシャワーの注意点

キャンピングカーのシャワーを使用する際には、以下のような注意点があります。

水タンクの残量を確認する

キャンピングカーのシャワーは、水タンクに溜めた水を使います。
そのため、水タンクの残量を常に確認することが重要です。
水タンクが空になると、シャワーが使えなくなりますし、水道水と同じ品質の水を補給することも難しい場合があります。
水タンクの残量は、ダッシュボードやコントロールパネルなどで表示されることが多いですが、それらが故障している場合もあります。
そのため、目視で確認することもおすすめです。

排水タンクの処理をする

キャンピングカーのシャワーで使った水は、排水タンクに貯められます。
そのため、排水タンクの処理を定期的に行うことが必要です。
排水タンクが満杯になると、シャワーが使えなくなりますし、悪臭や衛生上の問題も発生します。
排水タンクの処理は、専用の施設やキャンプ場などで行うことができますが、それらが利用できない場合もあります。
そのため、自分で処理する方法や道具を用意しておくこともおすすめです。

温度調節に注意する

キャンピングカーのシャワーは、温度調節が難しい場合があります。
これは、キャンピングカーのシャワーは、ガスや電気などで加熱された水を使いますが、その加熱能力や安定性に限界があるからです。
そのため、シャワーの温度は、外気温や水圧などの影響を受けやすく、急に冷たくなったり熱くなったりすることもあります。
温度調節に注意しないと、火傷や風邪を引く危険性もあります。
温度調節は、シャワーヘッドやコントロールパネルなどで行うことができますが、それらが故障している場合もあります。
そのため、手動で調節する方法や道具を用意しておくこともおすすめです。

まとめ

キャンピングカーのシャワーは、いつでもどこでもシャワーを浴びることができるメリットがありますが、水圧やスペース、使い方などのデメリットや注意点もあります。
キャンピングカーで快適にシャワーを浴びるためには、事前に準備や確認をしておくことが大切です。
キャンピングカーのシャワーは、家でのシャワーとは異なる特性を持っています。
その特性を理解して活用すれば、キャンピングカーでの旅行をより楽しむことができるでしょう。

広告

逆瀬川駅周辺の不動産については株式会社アクロスコーポレイションへご相談ください。

逆瀬川駅駅周辺の不動産をお探しなら≫

この記事を書いた人
面白い家探偵団
鈴木 正則

大手資材メーカーの建築資材販売業務で年の2/3は国内外を飛び回っていますww
業務上、国内外の住宅メーカーと取引があり、仕事で見聞きした面白い家や、
デザイン、そして変わった生活に関する情報をプロの視点で紹介します。

-----------------------■ プロフィール ■-----------------------
某大手資材メーカー兵庫支店 建築資材販売部で課長頑張ってます
保有資格:二級建築士・資材管理士
受賞:海外事業支援功労賞・社内イノベーション最優秀賞
趣味:海外旅行・ツーリング・ボクシング
好きな言葉:夢なんて見るもんじゃない語るもんじゃない
      叶えるものだから by 安室 奈美恵
----------------------------------------------------------------

鈴木 正則をフォローする
シェアする
かえるばしょ
タイトルとURLをコピーしました