廃バスに住むという夢のような生活を実現する方法とは?

ハイバスを住居に?! バスで生活はできる? おもしろい
おもしろい

あなたは、普通の家に住むのに飽きてしまったことはありませんか?
もっと自由で、ユニークで、冒険的な生活を送りたいと思ったことはありませんか?
そんなあなたにおすすめなのが、廃バスに住むという方法です。

廃バスと聞くと、不衛生で不便なイメージがあるかもしれませんが、実はDIYで快適な空間に改造することができます。
廃バスに住むメリットは、以下のようなものがあります。

  • 一般的な住宅よりも安く手に入れることができる
  • 自分の好きな場所に移動させることができる
  • 自分の好きなデザインやレイアウトにカスタマイズすることができる
  • 環境に優しく、リサイクルに貢献することができる

廃バスに住むデメリットは、以下のようなものがあります。

  • 住所登録や車検などの法的な手続きが必要になる
  • 水道や電気などのライフラインの確保が難しい場合がある
  • トイレやお風呂などの設備を自分で工夫する必要がある
  • 湿気やサビなどのメンテナンスが必要になる

廃バスに住む方法は、大きく分けて以下の2つがあります。

  • 廃バスを購入して自分で改造する
  • 既に改造された廃バスを購入する

それぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

廃バスを購入して自分で改造する

改装した廃バスは住居にできる?

この方法は、自分の好みや予算に合わせて、オリジナルの廃バスを作り上げることができます。
しかし、それだけに手間やコストもかかりますし、技術や知識も必要です。
廃バスを購入する方法は、以下のようなものがあります。

  • 解体業者から購入する
  • 中古バス販売業者から購入する
  • オークションから購入する

解体業者から購入する場合は、解体前の廃バスを安く手に入れることができますが、内部パーツが取り外されていたり、劣化していたりする場合があります。

中古バス販売業者から購入する場合は、年式や走行距離などの情報が公開されている場合が多く、比較的状態の良い廃バスを選ぶことができます。

オークションから購入する場合は、公的機関から出品された廃バスを安心して購入できますが、参加申し込みや手続きが必要です。

廃バスの価格は、大きさや状態によって様々ですが、一般的には50万円~2000万円程度です。
小型バスや内部パーツが取り外された廃バスは安く購入できますが、大型バスや状態の良い廃バスは高くなります。

廃バスを改造する方法は、以下のようなものがあります。

  • ベッドやキッチンなどの必要な家具や設備を設置する
  • 窓や扉などの開口部を増やす
  • 塗装や内装などのデザインを変える
  • ソーラーパネルやバッテリーなどの電源を確保する
  • タンクやポンプなどの水道を確保する
  • 仮設トイレやポータブルシャワーなどの衛生設備を確保する

廃バスを改造する際には、以下のような注意点があります。

  • 地面に固定されていないため、建物として認められない場合がある
  • 車検やナンバー登録などの法的な手続きが必要になる場合がある
  • 湿気やサビなどのメンテナンスが必要になる場合がある

既に改造された廃バスを購入する

この方法は、自分で改造する手間やコストを省くことができます。
しかし、自分の好みに合わない場合や、価格が高い場合もあります。
既に改造された廃バスを購入する方法は、以下のようなものがあります。

  • 個人から購入する
  • 企業から購入する

個人から購入する場合は、インターネットや雑誌などで探すことができますが、信頼性や品質に不安がある場合もあります。

企業から購入する場合は、専門的な知識や技術を持ったプロが作った廃バスを購入できますが、価格が高い場合もあります。

既に改造された廃バスの価格は、改造内容や状態によって様々ですが、一般的には1000万円~5000万円程度です。
改造内容によっては、トイレやお風呂などの設備が完備されていたり、屋根付きのデッキやテラスが付いていたりする場合もあります。

既に改造された廃バスを購入する際には、以下のような注意点があります。

  • 住所登録や車検などの法的な手続きが必要になる場合がある
  • 運転免許や保険などの条件を満たす必要がある場合がある
  • 移動させる際にトラックやクレーンなどの機材や人員を必要とする場合がある

まとめ

廃バスに住むという夢のような生活を実現する方法として、廃バスを購入して自分で改造する方法と、既に改造された廃バスを購入する方法があります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の予算や好みに合わせて選ぶことができます。
廃バスに住むことで、自由でユニークで冒険的な生活を送ることができます。
しかし、法的な手続きやライフラインの確保、メンテナンスなどの問題もあります。
廃バスに住む前には、十分に調べて準備することが必要です。

この記事を書いた人
面白い家探偵団
鈴木 正則

大手資材メーカーの建築資材販売業務で年の2/3は国内外を飛び回っていますww
業務上、国内外の住宅メーカーと取引があり、仕事で見聞きした面白い家や、
デザイン、そして変わった生活に関する情報をプロの視点で紹介します。

-----------------------■ プロフィール ■-----------------------
某大手資材メーカー兵庫支店 建築資材販売部で課長頑張ってます
保有資格:二級建築士・資材管理士
受賞:海外事業支援功労賞・社内イノベーション最優秀賞
趣味:海外旅行・ツーリング・ボクシング
好きな言葉:夢なんて見るもんじゃない語るもんじゃない
      叶えるものだから by 安室 奈美恵
----------------------------------------------------------------

鈴木 正則をフォローする
シェアする
かえるばしょ
タイトルとURLをコピーしました